Recursive(Help + 1)

ひたすら自分自身に助けを求め続けるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頭が夏。

どうも、ikaです。
パソコン新調しました。

実は冗談でも誤魔化しでもなく『PCの調子が悪くて更新できません』状態が度々あったのです。数年前から。
だって、七、八年物ですよ。動画もカクカクでしたよ。効果音はガリガリブォーンですよ。わかる人はわかってくれるはず。
それが新しくなったことで、ニコニコの動画をコメントを流しながら見れるようになりました! すごいね!
何よりフリーズの心配をしなくていいので、データが吹っ飛ぶ悪夢を気にせずに執筆できますね。サボってますけどね。
深くは語りませんが人生グラフが真人間に傾き始めたので、もっと更新できなくなるかもしれません。
でも辛くなったらいつでも現実逃避しにネットワールドにやってくるので、安心してねっ! ・・・・・・はは。


とりあえず旅に出たい(何

何故かここ数ヶ月、妙に北陸三県と縁があったので北に行きたい。自由に。一人で。遊びに。
北と言ったら何といってもアレですよね、北の大地。

YAMAGATA

まぁ、東北ですし十分に北の大地と呼べるでしょう。北海道? そこまでの気力はないです。
ただ蔵王には二回ほど行ってるので新鮮味が薄れてるかも。一人で行ったことはないですけど。
とにかく出かけなければ。たまに遠出して自分をアウトドアな一面もあると洗脳しないといけませんからね。


でも最近、未読本がタワーの如く積まれているのも気になるんですよねー・・・・・・
  1. 2013/08/15(木) 02:30:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

突発的駄文症候群

暑いので久しぶりに書いてみたり。
「暑」と「書」って字面が似てる気がしますしね……書いてみたけど、そうでもなかった。

最近は図書館戦争とか県庁おもてなし課を見ました。
どちらも有川作品の映画化ですが、前者の方がエンタメとしては面白かったかな。
そんな感じで日々を映画やゲームで乗り切ってます。次は世界樹の新作まで生きたいです。
ただ、がっつりプレイするのは厳しいのでシナリオと通常の二回分こなすのにどれだけかかるやら。
あまり前情報に触れてないんですけど、どうなるんでしょうね。


ネットの片隅で文章を更新する一般人は多数おられると思うのですが。
学生の頃は自己満足だけで更新意欲が湧いてきてたのに、今はそうでもないのって何故なのでしょう。
個人の事例を一般化するような言い方をしましたが、わりと皆そうだと思うのです。
むしろ、たまにこうして駄文を連ねる私はまだ片足を学校に突っ込んだままなのかも。いけないなぁ。
でも、読んでくれる人って大抵は暇な学生なわけで。やっぱり心の学校は常に維持しておきたいところ。

まぁ、ポジティブに言ったら一生学生、一生勉強の心構えってところですね!


……こういう言い訳がましいところが駄目なのでは。
  1. 2013/06/13(木) 07:18:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界は滅亡しなかったから

もはや自己満足を通り越して惰性、それも半年間隔の惰性。
そのような文章に意味はあるのか、意味がなければならないのか。
まぁ、こんなテンションなので諦めずにブログを続けておこうと思います。
この先、もっと知り合いができて紹介する日が来るかもしれないし……ないだろうけどな!

九月から十二月までは小説家になろうの方で小説を更新してました。
今は五章の八話くらい。意外と書きましたが、これも十二月辺りを最後にストップ中。そろそろ書きたい。

私は生死に関わらない程度の危機感を持って生きています。
生命の危機と生活の危機ってのは別問題なのだなぁ、と財布を覗いて思う。

そして、久しぶりだというのにフリゲの話ですよ。
魔王物語物語、とうとうプレイしました。二月頃にやってました。
主人公とか物語といったメタフィクション的な設定がすっごい好みでした。
でもヒーロー補正ってスキルが今書いてる小説と被ってて何か恥ずかしかったです。意図せずにギャグを言ってしまう恥ずかしさに似た何かだ。
あと、私が書きたいものはこのゲームの中にあったから、もう書かなくていいんじゃね? みたいな気持ち。満足しちゃったような。
いや。ヒーロー補正なんて一要素でしかないし、他にも書きたいことは色々とあるんですけど。

と、何だかんだで私の創作スイッチって誰かの作品に触れたときなんですよね。
自分もこんな感じの書きたいな、となったときに脳が活動を始める。

まぁ、それはおいといて。
魔王物語物語は私のフリーゲームランキングを結構揺るがしましたね。
今まではイストワールが一位かなー? ってところでしたが、争ってます。
ハマりたての評価なのでどうなるかはわかりませんけど、やはりRPGはいいですね。

あと、一挙放送で戦国コレクションとか見てました。
ああいう一話ごとにミステリ、ラブコメ、SFと多様な物語にできるって好きです。
信玄回のロボットとのバディものが良かった。


うむ、相変わらず無意味なほど趣味に塗れた文章ですが、自分の好きなものをただ消費するだけよりは残しといた方がいいよね、という精神で。
  1. 2013/03/11(月) 09:22:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想の残し方が雑で、何を読んだかわからなくなってきた

最近、読んだもの。見たもの。

『県庁おもてなし課』
2013年に映画になるそうで、読み終えたばかりの私としては楽しみです。
お役所仕事なおもてなし課が民間感覚を意識しながら観光の仕事する話です。なんて、酷い説明。
初めは本当にグダグダで、鈍感かつストーリーの先読みをほとんどしない私ですら、それくらいわかるだろうとツッコミを入れられるレベル。
だけど、中盤からは成長しまくってて、こんな人と仕事したいなぁと思います。
他の人の感想を漁っていると、吉門と佐和が好きな人が意外と多い。
私は素直に掛水と明神さんが好きです。ヒロインは名前で呼べません。
方言だらけで読みづらく感じるかもしれませんけど、読めないレベルではないですし。
この適度な不便さが高知を舞台にした小説を読んでる感を生み出している気がします。
とにかく、映画が結構楽しみ。主役がジャニーズだけど。まぁ、ドラマのフリーターは良かったし?

『時をかける少女』
2006のアニメ版、2010の実写版を見ました。
前者は映画館で見てますし、テレビ放送も何度かありました。
何だかんだで好きです。久しぶりにじっくり見れて良かった。

2010年版の主演がアニメで主役を演じた仲さん。りいさ、の漢字変換がわからないので、仲さん。
こちらも元ネタありきのストーリーでしたが、やけに物悲しいというか、切ないエンディング。
深町はあんな悪役みたいなポジションでいいのだろうか。
正直、元ネタの映画は見ておらず、原作をかなり前に読んだだけなので、表面的にしか楽しめなかったかも。
残りの二つの時かけも見る予定なので、明日には意見も変わる可能性も。
  1. 2012/09/13(木) 23:38:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一年に一回はこういう日ってあるよね

本日は誕生日です。誰のですかって? わたしです。
こうして毎年同じことを祝っていると、久米田先生の祝日ネタへの飽き飽きした感じがわかるような気がします。
絶望先生の三十巻を購入しました。ここまで来ると完走した感が大きくて内容とかいいかもしれない。
アニメじょしらくは楽しいです。もやしもんも深夜にやってて、フランス編が面白い。

誕生日はフリーゲーム紹介する日です(強制)
去年は紹介できませんでしたが、今年はざくざくアクターズをしましたよ。
らんだむダンジョンの作者が鋭意製作中のゲームで、一章までです。でも、八時間くらい遊べる。
八人パーティで前後列交代しながら戦うシステムが楽しくもあり、しんどくもあり。
全体回復係がいないって辛いことだったんですね……いや、これは世界樹でわかってるけど。
完成はまだまだ先なので、忘れた頃にプレイしようと思います。

どうにも去年に続いて紹介不足なので、ボカロ曲も紹介しておきます。
有名所ではMr.musicやハッピーシンセサイザーが好きなのですが、今回はもっと評価されるべき、な曲。

星くずガール、墾人永年私財法の二つ。追記で。
続きを読む
  1. 2012/09/11(火) 22:25:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

にのち

Author:にのち
ikaと名乗ることもあります。
ひたすらに消費者ですが、偶に創作衝動に襲われる。
基本的にゲーム、映画、小説、漫画の話ばかりですが……ばかりでした。

退屈なそら(本家サイト)

『ヒーローたちのヒーロー』(外部サイト)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。