Recursive(Help + 1)

ひたすら自分自身に助けを求め続けるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題が定まらない

シャイニング・ハーツというアニメのパン万能説が面白い、にのちです。
原作も知らないし、内容は普通なのですが、とにかくパン推しが酷い。
やはりパンはネタになります。フランスパンは武器になるし、小麦粉で粉塵爆発という伝統ネタも使えます。
ただ、かつてパンを調べていたときにパン屋は大変だということを知ったので、なりたくはないです。

FE覚醒。
現在、21章辺り。
話も一区切りしましたが、やはり途中でキャラを育てすぎた感があります。
特に子供たちが強い……けど、育てていた親と即席の親では強さに差があるかも。

しかし、GBA時代と比べてマップが立体的ですね。
聖魔の火山マップがずっと続いている感覚です。
突撃思考の敵が多いので、だだっ広いマップより戦いやすくて良い。


あとはキャラの話がしたいのですが、誰について話せばいいやら。
今は定まらないのでクリア後にでも。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/27(金) 23:59:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こういう映画に感化されたかったり、されたくなかったり。

『この空の花 長岡花火物語』を見ました。
大林宣彦監督……と言われても邦画の映画監督なんて黒澤監督くらいしか、と思っていたら『時をかける少女』の監督でした。
尾道三部作と言えば「あぁ、あれか」と思い当たる人は多いはず。私はそうでした。
こんな物知らずな若者――失礼、一部の者知らずな若者(私含む)に戦争を伝えようというのが、この映画の一つのテーマのようです。
長岡花火は空襲で亡くなった人たちへの追悼の花火なのです。まぁ、このことも映画で知ったのですが。
花火と戦争の関係を辿っていくと、意外なほどに同じものが見えてきたりします。
「みんなが爆弾なんかつくらないで、きれいな花火ばかりつくっていたら、きっと戦争なんて起きなかったんだな」
というのは山下清画伯の言葉。

映画は戦争を知らない新聞記者が長岡花火の取材をするだけなのですが、長岡に行く決め手となったのが昔の恋人の手紙だったり、昔の恋人が教師をしている高校の生徒が書いた芝居『まだ戦争には間に合う』の練習をしていたり。
ドキュメンタリーとラブロマンスがSFで包まれたような内容でした。

「まだ戦争には間に合いますか」

将来起こるかもしれない戦争には、まだ間に合いますか、という問いかけ。
私、反省しましたね。戦争はいけない。
FE覚醒をプレイしてる最中なのですが、エメリナ様の言うとおりですよね。

すみません、真面目な話に耐えきれませんでした。
個人的にはピースのVサインの話が印象に残っています。
Vはビクトリー、勝利のサインです。それでピース、平和。
つまり、Vサインって勝利した国の平和ってことなんですよね。
それを日本人がダブルピース! いぇーい、なんて平和ボケにも程がありますよ。

まぁ、同時にVサインくらいいいじゃないかという気持ちもあるんですが。
そういうバランスというか、ある種のご都合主義を持っていたいものです。
  1. 2012/04/26(木) 23:30:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一週間が早い

本日の世にも奇妙な物語に「とでんか」みたいな話ありましたね。
都市伝説がブームになりつつあるような気がします。
やはり終末論が広がると都市伝説が活気づくのでしょうか。
多くの都市伝説が不安から生まれたものであることも原因の一つでしょうけど。

ところでアナログテレビを今使っている人はほとんどいませんよね。
使ってもビデオやゲームくらいで、地上波が映ることはありません。
それを利用して、とある団体が地域の集団催眠にテレビを使っているそうです。
一般人の目に触れないように、ほんの数分だそうですが……という即席のウワサ。


今年もクレヨンしんちゃんの映画を見てきました。
20周年ということでスペシャル感がありますが、内容はわりと普通でした。
勧善懲悪ではなく、ひまわりと宇宙平和のどっちを選ぶか、みたいな話。
ファンサービスとして、ひまわりの成長した姿と歴代ヒロインが登場して嬉しかった。

個人的な感想ですが、終盤が物足りなかったかな。
中盤の閉塞感はヘンダーランドを思い出したりして良かったんだけど。


余談。
FE覚醒を購入して、プレイ中。
感想はそれなりに進んでから書きたいですが、今言えることはサーリャが思ってたキャラと違うが、これはこれで。
  1. 2012/04/21(土) 23:28:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十三日の金曜日はテレビ三昧

気付いたときに書けばいいという気持ちで書いていると、一週間が早いものです。
今週のタイムスクープハンターを見逃してしまったり、どうにも時間が加速している気がする。
加速と言えばアクセルワールド、どうやらオンラインゲームの話らしいです。見てませんけど。
余裕があれば見たいです。何でも見ておこう、という気持ちで。
そんな私が見始めたのはニャル子さん。原作も二巻まで持ってますが、一巻しか読んでないです。
同じクトゥルフ神話なら、テケリさんを推したい……もう、続刊しないかもしれないけど。

今日はクレしん、コナン、都市伝説のドラマ、と見たいものが多いです。
とりあえず、ここまで見たクレしんとコナンだと、コナンの方が盛り上がりはありましたね。
アニメはご機嫌なBGMを流しつつ、ねーよって言葉が出せないほど有り得ない展開をしていればいいのかもしれない。
だって、コナンなんて存在自体が有り得ませんし、雪崩起こすくらいわけないですよ。
個人的には中盤のコナンと哀、スノボー二人乗りが良かったです。おかわり。
クレしんは既に見ていたのですが、改めて見ると淡々としてましたね。
カットされてるのがわかりやすいですし、EDもカットってのは毎年恒例なので諦めますけど。
去年はどんな感想書いたっけ……まぁ、去年の四月ログを見ればわかります。

都市伝説ドラマはこれから視聴です。見終わると明日になります。
わりと前に都市伝説ミステリーを書こうとした記憶があります。メリーさんの。
せっかくの白い糸ネタを焦って消費しちゃった感じなので、練り直したくはある。
私は口裂け女やメリーさんも好きですが、それより深夜の砂嵐やチェーンメールといったキャラものじゃない都市伝説が好きです。
ドラマもそういう方向があるといいですね。
まぁ、口裂け女は出ないでしょう。出るんだったら、アニメの学校の怪談三話を放送してほしい。
  1. 2012/04/13(金) 23:17:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

着地点を考えずに発進した文章号の末路

今週は紅の豚、ふしぎの海のナディアなど素敵な飛行機が登場するアニメが続きますね。
個人的には乗り物メカって魔法陣グルグルで出てきた円盤ボードとか、ナウシカの序盤に出てくるあれが好きです。
つまり、狭苦しくない奴です。バランス崩すと危ない奴です。
何故かと言われても具体的な答えは浮かばないのですが、広い狭いより大きさの問題だと思います。

巨大ロボよりパワードスーツが好きなのです。
怪獣系より大量発生のパニック映画が好きなのです。
ルギアよりミュウツー、レックウザよりデオキシス、アルセウスよりルカリオが格好いいと思います。
単一電池より単三電池や単四電池の方が使うでしょう、ゲームボーイとか。

そういう趣味だから仕方ないんですけど、巨大戦艦の面白さがわからない。
びゅんびゅんと飛び回る方が見栄えがいいし、攻撃力や守備力なんて設定は魔法でどうにでもなります。
モーレツ宇宙海賊は楽しく見てますけど、小回りのきく調査船とか出てきたら好きになると思う。

ただ、武器となると巨大盾とか巨大剣が好きになるんですよね……自分がわからない。
使い手が武器の重さなんて関係ないスピードで動くから気にならないのかな。あくまで人間が持てるサイズだし。

結論が出そうにないことを考えだしてしまった。
こういうときは、場合によると言うに限る。
  1. 2012/04/07(土) 23:59:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

にのち

Author:にのち
ikaと名乗ることもあります。
ひたすらに消費者ですが、偶に創作衝動に襲われる。
基本的にゲーム、映画、小説、漫画の話ばかりですが……ばかりでした。

退屈なそら(本家サイト)

『ヒーローたちのヒーロー』(外部サイト)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。