Recursive(Help + 1)

ひたすら自分自身に助けを求め続けるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネタを作品にするのが大変じゃなければ、作家は仕事にならないよ。

時間を忘れてゲームにハマっていたら、隣でゲームを見ていた小学生の妹が高校生になっていた。
そう、あまりにも時間を忘れ過ぎて、気が付いたら未来に来てしまったのだ。
どうにか元の時間軸に戻るために、妹と一緒に「時が止まったかのように感じる瞬間」を探すのだが……


という設定を考えたのですが、仮に妹と恋愛フラグを立ててしまって、元に戻ったら小学生というのは切ないのか危ないのか。
こうして妄想ばかり膨らむのに、作品として書き上げないから妄想が重くて重くて頭が下がります。現実に全力土下座。
じょしらく3巻を読みました。私もふきだし係のようにあらすじ係になりたいです。
でも、それって単なる原案ですよね?
そういえば、高校時代は乙一さんの作品が好きだったのですけど、箱庭図書館は面白いのでしょうか。
読者のネタを作家が使うというのは面白そうですが、何かやっちゃった感もあるような気がして。
高野和明のジェノサイドも作家買いしたい本の一つですが、今は買った本を読む方が先決かも。

ちなみに上で書いたネタが使えないのは、主人公のタイムスリップ理由が時間経過なので、妹は何年もゲームを見ていたことになってしまうから。
そもそも、ゲームをしている主人公を何年も放っておくのも不自然だし。
ただ、無茶苦茶でも理由はつけられそうですよね。こういう時間ネタ大好き。
ということで、時間SF選集なんかも欲しいのです。この物欲を有益なものに転換できないものか。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 23:27:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息抜きたい、生き抜きたい。

金曜の深夜になるたび、卒論から逃れようと現実逃避気味な日記を書くikaです。

このHNで締める前口上。
数年前まではよく使ってたのですが、ikaというのが単純すぎて他の方と被るのでやりづらくなりました。
ネットで著名なikaと私を間違えることはないと思いますけど、気後れした奴が自重するのは仕方ない。私のことです。
小学生の頃に下の学年でキムラタクヤ君がいましたけど、あの木村拓哉に比べれば知名度はありませんからね。
野球よりサッカーが好きだった子ですが、知らないでしょう。
私もそういう子がいたとしか覚えてないので、本当にサッカーの方が好きだったのかわかりません。適当なこと言ってごめん。
少しでも被りを防ごうと、にのちってHNも使うようになりましたけど、ひらがななので文章内で使うとなると句読点が欲しい。
それで口上に相応しくない。こういうところでも、ネーミングセンスって発揮されるんだな、って思います。
でも、テンミリオンで活動してたときにタイプするの面倒な名前けど、ikaってその点では楽です。
半角英数にするのが面倒だって人もいるかもなぁ。F10キーとかでも打てるけど、小学生の頃は知らなかったし。


……漫画とかの感想ならテンションで書いちゃうから気にならないのですが、こういう毒にも薬にもならない自分のことを書くとこれでいいのか不安になります。
でも、日記って普通はこうだよなぁ。

いや、普通の日記は今日あったことだ。えっと、gdgd妖精sにハマってました。ニコニコ動画で今なら全話見れたはずです。
普通にスルーしてたんですけど、ちょっとした偶然で見たら、ルームウェアを着たトドのグラフィックがツボりました。
『サナギさん』に通じるものがある気がします。
  1. 2011/10/28(金) 04:28:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10冊読んだら1冊読む時間をボーナスとしてくれないだろうか。

あまりにも未読の本が溜まってるので、隙を見つけて読んでいます。
いつからだろう、読書を始めるときに「よっこらしょ」と呟くようになったのは……嘘です。
それでも家庭用ゲームとかも面倒でやらなくなりますよね。
私の場合は今の住居に来るときにDS以外置いてったんですけど。
そういえば、ととモノ3Dとテイルズオブジアビス、どっちかを買いたいです。
新作FEはまだだろうし、モンハンは今更ハマるのも遅いかなー、と思っていたり。
調べたところ、TOAの方が無難な気がします。キャラゲー好きだし。
ただ、シンフォニアばっかプレイしてた私が噂のギスギスパーティに耐えられるかどうか。

読書というと、森見登美彦さんの『恋文の技術』を読みました。
いつもの森見作品なんですけど、主人公が書く手紙だけで話が進みます。
文章のやり取りだけなのに作品の中の日常がわかるってのは凄いと思います。
ただ、森見登美彦の本をそこそこ知っている方が面白くなるのはずるい書き方。
……と思ったけど、初見でこの本を読んだ人は森見登美彦はこんな人だと勘違いするだろうから自業自得かもしれない。

あとは『のうりん』というラノベ。
まとめブログでインパクトのあるシーンだけ抜粋されてたのですが、そのわりに中身は凄いよって評判が多いので読みました。
偽りなき凄さでした。まず、あらすじの途中で牛が逃げます。
農業高校を舞台にしたパロディだらけのラブコメなので、大筋は普通と言えば普通なんですけど。
作者が一年くらい取材したそうで、真面目な農業知識も紹介されてたりします。作品のための嘘は専用ブログで補足されてたり、アフターサービスも細やかです。
新潟県民なので畑や田んぼは見慣れてるんですけど、酷いギャグの後で農業を行うこと自体が土を傷つけるなんてこと言われたら、ギャグの後のシリアスは引き締まる法則にハマっちゃうじゃないですかー。

ラノベは阿智太朗を作者買いしてる他は、たまに単品とか短いシリーズを買うばかりなんですよね。
テケリさんは続刊情報が現れては消えるし……
でも、不用意に視野を広げると資金も時間も足りないんだよなー。
  1. 2011/10/26(水) 01:13:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息抜き、あるいは現実逃避の溜息。

ネット配信のアニメいつでも見れるので、私の心の余白によってギリギリまで見ずに見逃すことがあります。
特に鬱展開が来そうだと見逃す。その結果、いつの間にか鬱展開が終わってる。何でだろう。
イカ娘のような作品はすぐに見れます。あとは原作を知ってて、すぐにでも見たいって奴。
もうアニメを見る気力も減退してるんでしょうね。でも、見たら楽しいんですよね。
海に行くの面倒臭いけど、行ったら行ったで騒ぐタイプですよね。私ですよね。
そんな中、ベン・トーが面白いです。やはり元気の源はメシだということか……
空腹は人を狂わせますからね――うるせえ、卒論よりプリキュアの映画を大人が観に行っていいか考える方が大事なんだよ。

……うん。

とりあえず、上に書いた文章はネタで、本当に大事なのは卒論だって理解しているので私は大丈夫。



短いなぁ、と思って一ネタくらい書こうとしたのですが。
どうしても暗黒面から抜け出せないので諦めることにしました。
私は平和主義がいいです。みんなでしあわせになろうよ。
  1. 2011/10/21(金) 02:40:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四六時中、考えてるわけじゃないのですが。

fate/zeroと未来日記をネット配信で見ました。
未来日記の作者は見覚えがあると思ったら、花子と寓話のテラーの作者っぽい。
都市伝説とか探偵とか設定は好きだったんですけど、話の展開がまとまらない印象が。
ということで、続編の未来日記には手を出してなかったです。面白そうだったんですけどね。
アニメが原作を使いきってくれないなら、買ってもいいかと思います。
fateはアニメやってる間はハマるんだろうなぁ。
hollowプレイした後とか、空の境界読んだ後みたいになるんだろうなぁ。

最近、アニメ見ているとBLとか百合が市民権を得ているような錯覚を受けます。錯覚だよね。
それで、ガチホモとガチレズが恋をしたらノーマルなのかって疑問が頭を離れません。
前提からして有り得ないんですけど、前提を崩した時点で同性愛者という属性が変化するのかなぁ。
男の娘同士はBLなのかGLと言ってもいいのか、という疑問もありますよね。
そういうテーマを掲げた作品が出てもいいんじゃないかな……誰かは得するだろ。
森奈津子の軽めの少女小説はもう出ないのだろうか。

もう特殊男女問題で頭いっぱいですよ、その次にキュアミューズの正体ですよ。
私の人生なんて後回しでいいですよ。FEの新作までは生き延びたい。
  1. 2011/10/12(水) 21:56:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

にのち

Author:にのち
ikaと名乗ることもあります。
ひたすらに消費者ですが、偶に創作衝動に襲われる。
基本的にゲーム、映画、小説、漫画の話ばかりですが……ばかりでした。

退屈なそら(本家サイト)

『ヒーローたちのヒーロー』(外部サイト)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。