Recursive(Help + 1)

ひたすら自分自身に助けを求め続けるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツクールDSが3/11に発売するそうです。

タダより高いものはない、ikaです。


RPGが好きな私にとって、フリーゲームは宝箱。
明らかに外れと言わざるを得ない完成度のものまでやりました、かつては。
しかし、今となってはレビューサイトの常連であり、私の好みに合いそうなものだけになりました。
まぁ、別にそれでいいんですけど。ゲーム離れしちゃったのかなぁ。

作成者も世代交代なのか、私がプレイしていた時代のゲームって大抵がDL出来ません。
あと、プレイしていたという割に有名な作品を未プレイだったりします。シル幻、セラブル、囚人。
思ったより素人ですね。私はフリーゲーム素人でした。
だが、プレイしたことあるものまとめれば約70くらいになるんだぜ! うわぁ。

70個くらいとわかるのはフリーゲーム感想を書くために作者サイトやらをまとめていたからです。
しかし、これをまとめたのも数年前なので……閉鎖サイト多いなぁ。
そういう中で復帰していたサイトもありました。3年ぶりなので嬉しい復帰。
個人的にファーレシア英雄列伝というゲームを推しておきます。操作可能キャラが52人ですよ。

せっかくまとめた70個から好みのものを摘まんでみます。
フリーゲーム + 『タイトル』で検索すれば大抵出るはず。

『ファーレシア英雄列伝』
キャラ52人で引いた人もいるかもしれないが、プレイ時間は二時間くらいでクリアできる。
主人公の6人により仲間にできるキャラも変わってくるので、そこまで迷う必要もない。
多分、同作者の出稼ぎ奮闘記の方が一般受けするゲームなので、そちらもオススメ。

『冒険野郎』
ツクール製かわからなかったけど、アクションRPG。
チャクラムみたいな遠隔武器でMPを吸ったり、吸ったMPで魔法撃ったりしてダンジョンを進む。
攻撃のレンジを強化するシステムが楽しかった。

『ルインハンターライチ』
正統派RPGながらも自由度は高い。
島を冒険しつつ、イベントフラグを立てて進行する感じ。
同作者の扉の伝説は面白そうだけど、プレイ時間が100時間越えするらしい、怖い。

『セスタニアの迷宮』
未知のアイテムを鑑定するシステムは面白い。
これまでの作者のゲームも似たようなシステムなので好き。
アイテムやシステムを楽しめる人向け。




分かれ道に差し掛かったとき、宝箱の方向が大体わかるという実生活において無駄な能力が欲しい。
あと、おまけ的な紹介になるのですが、私も最近知ったゲーム『少女と囚人のジレンマ』
囚人のジレンマを知っている人はニヤリとできますし、知らなくても胡散臭い少女の言動にニヤリとできます。

スポンサーサイト
  1. 2010/02/25(木) 00:15:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンクーバーより気になるニチアサ

本日は朝カレー。昼もカレーで、夜もカレー。ikaです。
今日も今日とてニチアサです。オリンピックガン無視。
ただ、スケート見たりしました。ジョニー・ウィアーが気になるけど6位だとエキシビジョンはないんでしたっけ。
採点競技は難儀だなぁと思いました。


[バトスピ第23話]
バトルする暇もないほど話が切迫しているというか、キャラが増えました。
ダンが敗北して敵側にいるのは面白いけど、ちゃんと風呂敷畳めるのだろうか。
カザンがあまり悪い人じゃなさそうなので、45話辺りで助けてくれそうな気がする。

[ゴセイジャー第2話]
キャラの性格が掘り下げられていて、1話より良い印象。
ロボ戦は初出回だけに面白かった。子供にウケそう。
天使なだけあって空中戦のカットが良かったかも。
気になるのは、お前ら帰れなくなったのに何処で寝るのか。髭男爵の所?

[仮面ライダーW第23話]
仮面シンガーWでした。番組間違えた。
とりあえず、お客を入れるなと、サクラを使ってしまえと。
電波塔のドーパントというと、操る電波だろうと予想したがそれっぽいです。
酢昆布は面白かった。アニキは思ったより目立たなかったなぁ。

今回の話は面白かった。
不当な審査とか、ファンじゃねぇだろお前とか、演出上いらつくけど。
嘘って使い方で本当に気分悪いなぁ、という感じ。
ウソダドンドコドーン。

[ハートキャッチプリキュア第3話]
うざい青復活歓喜。えりかさんものっそい可愛いんですけど……皆はうざい止まりですか、そうですか。
サッカー好きの女の子だけど、入部を拒否されて落ち込んだところを……という話。
女子サッカー部のある中学校に入ればよかったね。
この心の花がしょんぼりしているところにつけ込まれる展開ってしゅごキャラに似てる。

とうとう青が変身しましたけど、これといったピンチもなく勝利。強い。
思ったけど全国のお母さんの香水がピンチではないだろうか、気をつけて。
次週解散。やはり、赤の戦力不足か……
あと、心の種を産むのは自重した方がいい。

[DB改第45話]
カエルのくだりはいるのだろうか。
バトルが冗長だと思うけど、アニメだからなのかなぁ。
20倍界王拳も一発屋みたいだし。痛かったぞー、が聞けて良かったけど。
ベジータは地中から駄目出しするとかカッコ……わからないけど……良いよね。

  1. 2010/02/21(日) 09:56:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポケモンが好きで世界が救えるのか!?

好きなことは覚えられる。好きなことが社会的に役立てばいいのに、ikaです。


水曜日の夜は笑ってコラえてな私なんですけど、貿易実務検定の話をやってました。
別に私自身が興味あるというわけではないのですが、食いっぱぐれそうにない職業だよなぁと思います。
通関士って薬事法やら食品衛生法まで知らないとやっていけないそうです。
そういう法律の基準をオーバーした品物を国内に輸入してはいけないということ。
品物の税番を確定し、書類を作成することが主な仕事だそうですけど、税番を間違えると大変なことに。
図書の十進分類法みたいなものですから、資料さえあれば確認は何とかなりそうですけど。

別に難しい話がしたいわけではないんだ……ただ、規格とか基準にうんざりしてただけなんだ……
ポケモンは覚えられるのにね!


と、いうことでポケモンの新作が楽しみです。
4年ぶりの新しいポケモンということですが……まさか、DSで出るとは。
データが解析されたという話も聞きませんから、今のソフトと互換性はあまりないのかも。
昔の金銀にはタイムカプセルがあったけど、あんな感じになるのでしょうか。

ゾロアとゾロアークという新ポケモンが公開されてます。
正直、あまり使いたい風貌ではない。趣味に合わない。
とりあえず、新しいゴーストタイプに期待します。
草・ゴーストのパンプキンポケモンとか出てきたら嬉しいな。

ちなみにポケモン好きで世界が救えるのはサトシだけです。

  1. 2010/02/17(水) 22:07:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説より映画レビューの数が多い気がする。

バレンタインだろうとニチアサタイム、ikaです。恐竜もあるよ。


先に一般向けの話題ですが、バレンタインにジュラシックパークってどうよ?
恋愛映画とか、チョコレート工場を持ってくればいいのにさ。

この映画は主人公側に共感できないというか、ヒロインが残念すぎる。あと、カーター。
自然主義者を独善的に描いてしまうと、反発したくなります。ご時世的にも。
あと、とにかくヒロインが残念すぎる。ピンチの大半が彼女の所為なのに偉そう。
ますますバレンタイン向きではないような気がします。
多分、都会で暴れる恐竜を撮りたかっただけなんだろうという意見がありますけど、納得できる。
それでもキャンピングカーのシーンは面白いから困る。助けてくれるおっさんが死ぬのは更に残念だけど。

こういうヒロインを見ていると、ディープ・ブルーを思い出す。パニック映画の方ですよ。
サメから逃げるパニック・アクションなんですけど、わりと有名なB級。
思いもかけないところで登場人物が食われるし、そんな状況下でもサメは研究対象だというヒロインはいるし。
そして、そのヒロインは犬死にする。さらに、コックが主人公と男二人で生き残る。
ここまでストーリーをバラしておいて見ろとは言いませんが、金曜ロードショーで放送してたら見ても損はないと思います。

ところで、死んだと思ってた面白黒人が実は生きてたってラストのパニック映画を知ってる人います?


ゴセイジャー第1話
この時点では何とも言えそうにないけれど、敵側のダンディさが留まることを知らない。
今のところ、キャラ立ちしている感じはないのが残念。シンケンの青は求めないけどさ。
とりあえず、メンバー間の仲はそれほど良くなさそうなので仲良しになるプロセスを楽しんでいけるといいな。
あと、子供たちの喧嘩だけど、許してもらえた気がしない。

ハートキャッチプリキュア第2話
史上最弱とサブタイトルにありましたが、力の制御ができないといった様子でした。
お婆ちゃんに諭されてしっかりするというのは……おジャ魔女っぽいよね、うん。
このお婆ちゃんが昔プリキュアだったそうで、名実ともにババアとお慕いできるプリキュア登場。
個人的に主張したいことは――お婆ちゃんの過去回がなかったら嘘だろう――!

青が好きになので、来週に期待。

  1. 2010/02/14(日) 23:20:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画感想

『ゴールデンスランバー』
伊坂作品は幾つか購入しているはずですが、何故か未読。
伏線回収が素晴らしいと言われている方なので読み終えれば面白いのでしょうけど……
この映画が面白ければきちんと読もう、と決めて観に行きました。

色々な意味で、原作を読みたくなりました。
小説はハッピーエンドにしたい、と思う私にはもしかして合わない?
ストーリーは陰謀で首相暗殺の犯人にされた主人公の青柳が習慣と信頼を武器に逃げるというもの。
地元の宅配ドライバーならではの習慣と大学時代の信頼はいいなぁ、と思った。
台詞が小気味よいという評判は「だと思った」という辺りで実感。

本当にラストってあれなのか、と思うけどアリナシで言えばアリだからなぁ……
いろいろあったけど、それでも生きていく。というのが監督の話でありました。そっかぁ。
『エネミー・オブ・アメリカ』も似たような作品だと思うけど、アメリカ的なラストを期待するのは間違いだろうか。
原作を読んだ後の方が面白く観れる気がする。

刑事役の香川照之さんのインタビューで『"パルプ・フィクション"のクリストファー・ウォーケン』というので感心。
いや、『ニック・オブ・タイム』しか見たことないけど、静かに相手を追い詰めるということは同じですよね?

ケネディ暗殺のオズワルドも生きていれば容疑者から外れたのかもしれない。
生きてこそ、というのもわかるけど……映画のラストとなるとこれほど厳しいものもないなぁ。
伊坂さんに慣れていれば違和感がないのかもしれない。

Golden slumbers fill your eyes...と口ずさんだはいいものの、そういう時代に生きていないのです。損したかも。

『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』
まず、観に行ったことを子供たちに謝りたい。
時間帯を考えたことが良かったのか、観客は私を含めて六人でしたけど、それでもゴメン。
昨年からビデオではなく劇場公開になったVSシリーズですが、劇場には初めて行きました。
VSシリーズもマジレンVSデカレンしか見たことないと思いますが短いですよね。なんと、今回は上映時間64分です。

Wikiよりあらすじ……
ゴーオンジャー達は「ガンマンワールド」にてバッチードと戦っていたが、その最中メンバー達はばらばらに様々な世界に飛ばされてしまう。
一方シンケンジャー達は街中に現れた蛮機兵達と戦っていたが、そこにゴーオンレッドが現れる。
蛮機兵を倒した後、走輔とボンパーは志葉家にて事情を話しシンケンジャーに協力を求めるも
走輔の図々しさに腹を立てた丈瑠は彼を「素人」呼ばわりし、話は決裂してしまう。
一方、バッチードはドウコクらの元に現れ、三途の川の水を自らの作った「バッチリウムプラント」に流し込みこの世に溢れさせる計画をもちかけるが…。

このあらすじだけではわからない見所を挙げるとすれば。
・ガイアークの三大臣が寿司を食う。
・シンケンジャーのメンバーが踊るED。
・本格的なレッドVSレッド。
・カーアクション。
・ゴセイジャーが初登場。

ガイアークの三大臣再登場は嬉しい。しかも敵じゃないし。
倒された後、三途の川で楽しく暮らしてたとか楽しすぎる……!

EDのダンスはシンケンジャーではなかったんですよね。
それだけに今回のEDはいいものが見れました。

レッドVSレッドのシーンはかなり格好いい出来でした。
流石に展開は読めるよ……と思ってたけど、最後の最後にそう来るかと思わされました。

カーアクションは良かったけど、もっと格好いい車はなかったのだろうか。
別に仮面ライダーみたいなゴテゴテで良かったんだけどなー。

ゴセイジャーの感じは掴めましたけど、レッドが熱血でも冷静でもなさそうだなぁ。
ブラックとイエローが兄妹だそうですが、実際の年齢は逆でした。そういうものとして見ると……楽しそうだな。

ということで、同じレッドなのに大分カラーが違う二人が絡む今回の映画は面白いです。
恥ずかしさ覚悟で見ろとは言いませんが、後で借りて見てもいいと思います。


ところで、銀魂の前売り特典が売り切れてました。まぁ、ようやく映画化だからなぁ……

  1. 2010/02/10(水) 14:23:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

にのち

Author:にのち
ikaと名乗ることもあります。
ひたすらに消費者ですが、偶に創作衝動に襲われる。
基本的にゲーム、映画、小説、漫画の話ばかりですが……ばかりでした。

退屈なそら(本家サイト)

『ヒーローたちのヒーロー』(外部サイト)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。