Recursive(Help + 1)

ひたすら自分自身に助けを求め続けるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日はバンブレの発売日です。 ※訂正 明日⇒今日

霊感があるなら、ヒト感もあるんじゃないかと思うikaです。


つまりですね?
霊が見えたりするのが霊感。
人が見えたりするのがヒト感。
……もうちっと、考え込む必要があるな、このネタは。


とでんか二巻、黒鷺死体宅配便の十二巻を読みました。
都市伝説のネタがほぼ知ってるネタでした。
そこに陰謀やら組織を絡ませるのが私にはない発想でした。
私は幽霊や化け物の枠内で解決させちゃいます。幅が狭い。

ちなみに上記の二つを読了後、阿智太郎の血吸村を読みました。
……シリアスだー、珍しくシリアスだー!!
それでも一冊に一時間しかかからない優しさ。
ちなみにシリアスと言っても悪人が登場した程度のシリアス度なので注意。
悪人が登場しただけでシリアスって凄いですよね。

ハレグゥ十巻、最終回です。
全部ひっくるめると二十巻。
完全に途中から別物ですが、キャラさえ好きならこれはこれで。
終わり方が思ったよりパターンだったのが残念かも。



あと、施川ユウキが残ってます。
この人のは地味に時間がかかる。もやしもんほどじゃないけど。
そして、書いてたら日付変わっちまったい。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/25(水) 00:01:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

露天風呂の湯気の動きが好きだ。

温泉から直で学校へ行くikaです。


お土産持参で学校にいる違和感。お前らのじゃねぇ、群がるんじゃねぇ。
岩室温泉は新潟にあります。いいところなので是非行ってくださいね。
具体的にいいところを挙げるとすれば、何か雰囲気とか良かったです。

あと、初飲酒。
岩の原ワインとスーパーラガー。
あまり美味しいとは思わなかったです。仕方ないね。


帰宅後、読む暇がなかった漫画がどっさり。
ネットだって常連サイトを巡らなければいけないし。
今年の紅白は録画するつもりだから、整理しないといけない。
水樹奈々が紅白に出場する時代。
気になることは気になりますが、ガキ使も見たいのでダブ録で。
皆さん、受信料を払っていた甲斐がありましたね! ね!

深夜でやたら再放送するアニソンSPはこれの布石だったのだろうか。

  1. 2009/11/23(月) 23:29:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DB見終わってから五分後にバスにのる計画

ニチアサはそういう時期に入ったらしい、終盤です。
しかし、バトスピとダブルがあるので実感がないなぁ……

バトスピダン第11話。
根谷さんの声なのでバシンかなー、と思ったけど違いました。
ミラのデザインは使い捨てるには惜しい。
それというのもヒロインが思ったより……その、うん。
クラッキーの方がいいキャラなんだもの、まだ序盤ですけどね。
しかし、10ターン制限バトルだなんて、バシンの頃には考えられない。
バシンは21ターン目からスタートしたりしますからね。

シンケン第三十九幕。
殿が再び孤高の人になりそう。しかし、格好いいな。
いつの間にか、Vシネから劇場版になったらしいです、歴代VS。

仮面ライダーW第11話
登場人物が最低限すぎて黒幕まるわかり。
と思ったけど、実は怨念にメモリーが、車にメモリーが、とかなら見直す。
あと、悪い奴らを助けるのはいいけど警察に引き渡そうよ。

フレッシュ第41話
ラブと大輔は許せるのになぁ。
まぁ、ヒロインと男子キャラがいちゃつくのが嫌な人っているじゃないですか。
私はキャラ設定が丁寧でないくせにいちゃついてると嫌ですね、大輔くらいにちゃんとしてればいいけど。
キャラ格差を感じる。
ところで、船が暴走して港に突っ込むって、スピードで見た気がする。


DB改第33話(70話相当)
「私の戦闘力は53万です」
……悟空の18万は何だったんだろう。

  1. 2009/11/22(日) 09:34:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲れてくると何かが湧くが枠があるので飛び越せない

【密室に閉じ込められた相反するものが仲良くなりかけたなら】


「吠えろ」
「いいよ」
 何の変哲もない密室で二人が会話する。
「……吠えないの?」
「うるさくなるでしょ」
「そうだね」
「わん!!」
 背の小さい方が立ち上がり、窓を開けた。
 さらに背の小さい方は座り込んだまま、俯いていた。
「どうして窓を開けた」
「うるさくなったから。室内の最大声量がパンクしてしまう」
「お前が吠えろと言ったからぁ……」
「別に無理して吠えなくていいんだよ」
「いいの?」
「いいよ。あまり吠えると寿命が縮むから」
 互いに合わせてもいない目をそらした。視界に入らないように。
 相手を見たら死ぬのかな、と思い込んでいた。
「あれ、息してない?」
「……」
「喋るのはセーフだよ」
「マジで?」
「うん。神様はそこまで非情になりきれなかった」
「むしろ、生殺しです」
「ナマじゃなければコロせない」
「生ゴミは殺せるの?」
「殺せないね、生なのに……やべぇ」
「どうした!?」
「わん!!」
「……え、ちょっ、まっ」
「大丈夫。さっきの嘘だから」
「……マジで?」
「存分に吠えるがよい」
「別に吠えないよ、うるさくなるし」
「吠えてしまえば楽なのに」

  1. 2009/11/20(金) 03:07:22|
  2. 創作話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルビアも銀杏も思い出の中

ダンジョンの近くにある冒険者の村とかが好きなikaです。


ニチアサは相変わらず、映画宣伝月間が続いてます。
せめて、本編外で宣伝してくれないだろうか。ビギンズナイト。

風の強い日でした。
店の入り口は落ち葉だらけ。自動ドアが開いた隙に吹き込んでくるようです。
エスカレーターで運ばれた落ち葉が降りるところで溜まっていると、故障の原因にならないだろうか、と不安。
そんな日ですが、本屋に行きました。
阿智さんの新刊を買うために。今回の血吸村はシリアスらしい。
気楽に読めるのが好きなんですけど、たまにはこういうのもいいかと思います。著作リストがそろそろ三ページになりそう。
あと、サモンナイトXのシナリオが阿智太郎だそうです。どんなゲームなのやら気になる。

『異国迷路のクロワーゼ』という漫画が面白いらしい。
そんな噂を聞いて一巻を買ってみました。
こいつぁ、可愛いぜ……クロード君、とユネ。
十九世紀後期のパリの下町にやってきた日本人の女の子、の話なんですけど。
視点が誰でもなく全体的なので、こいつが主役って感じがないです。
外国の下町という舞台設定からして私に対してあざといですけど、面白かった。
角川のコミックスです。そういう情報がないと知らない本は探しづらいですよね。


この二冊だけのために本屋に行きましたけど、十一月後半はとんでもないです。
施川ユウキの新刊、よつばと、とでんか、黒鷺死体宅配便、絶望先生、ハレグゥ、バンブレとSideB、陰マモ、魔界ヨメ。
約十冊。五百円を掛け算すると、うわぁ……五千円なりぃ。

  1. 2009/11/15(日) 23:23:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

にのち

Author:にのち
ikaと名乗ることもあります。
ひたすらに消費者ですが、偶に創作衝動に襲われる。
基本的にゲーム、映画、小説、漫画の話ばかりですが……ばかりでした。

退屈なそら(本家サイト)

『ヒーローたちのヒーロー』(外部サイト)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。