Recursive(Help + 1)

ひたすら自分自身に助けを求め続けるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脳だけトリップ♪ にすればよかったのだろうか。

孫請けという単語に反応してしまうikaです。


夜が早くなった所為か、時間が経つのも早く感じます。
特にゲームをしていると分単位では制御仕切れない日常。
私はフリーゲームが大好物なのですが、紹介するとなると困りもの。
それというのもハマっていた時期がツクール2000の頃なので、古かったり、公開停止していたり……
RPG自体が好きでないと言うならば、私にはどうしようもありませんがな。

最近はRuinaとからんだむダンジョンにハマり気味。
どちらも公開されたのはだいぶ前なのですが、二、三回ほどパッチの更新が終えてからの方が安定しますよね。
べ、べつに流行に乗り遅れているわけじゃないんだからねっ。
まぁ、しばらくしたらプレイするか⇒そして、半年後……、というドキュメンタリーみたいな流れになるのはありますけど。

Ruinaは2000で作成されているゲームブックのようなゲーム、だそうです。
小学校の図書室にありませんでしたかね。
「計器が乱れを感知している 原因を確認する⇒14へ その場から逃げる⇒6へ」――「14 ブラックホールだ! 死んだ!」みたいな。
確かに、選択肢を選んで戦闘やアイテムなどのイベントを起こしながら進んでいくスタイルはそれっぽいです。
明らかな死亡フラグだと感じたとき、本当に死ぬときや、わりと何とかなったりする綱渡りが怖い。
特にセーブが街のみ、ダンジョンでは一日に一度という制限は選択肢ゲームではキツイ印象があります。
一日にできることの制限が多いというのに、最短日数でポイント通過したり、一度の探索で頑張るとボーナスがあるのが憎い。
一周目は気にせずに進むのがいいかもしれません。何週でもやれる仕様ですので。
ちなみに世界観や設定が面倒臭いほど練られているくせに、何処となくネタな雰囲気が散りばめられているバランスが素敵。


そして、プレイ中のらんだむダンジョン。こちらもセーブは宿屋のみですが、ダンジョン系にありがちな死亡リスクがありません。
つまり、死んでもタダ。まぁ、宿屋の5Gがかかりますけど、驚きの安さですよ。
パーティが固定で女キャラだったり、シナリオもきっちり作られているのでダンジョン系というのも疑問ですけど。
アイテム説明が凝っているのが特徴。むしろ、アイテム説明や小イベントが好み。この軽さは良い。
ただ、メインシナリオというか、重要イベントはこれまた凝っている。何故か、すっきりしないものばかりだけど、今のところ。
このノリが苦手かどうかは、序盤の掛け合いで判断できますので、無理そうだったら仕方ない。
あ、こちらはツクールVXですよ。


こうしてゲームのことを書いていると時間が経つのが早いのです。
主観的時間では数分なのに、客観的時間では数十分。
こうして、主観を縮め続けていくことで私だけ過去へタイムリープすることができます。
主観と客観のズレを利用したタイムトリックですが

「脳だけトリップ!」

というタイトルにしたら、たちどころに胡散臭くなったので止めました。

スポンサーサイト
  1. 2009/10/28(水) 23:55:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お菓子の家

ITパスポートを発行して下さい。ikaです。


そんな名称の試験を受けてました。
今年の春から始まったので記念みたいなものですが、どうだろう。
若い人が多いとばかり思っていましたけど、そうでもありませんね。
在庫管理の問題だけはなくなればいいと思うよ。

最近、やたら家にお菓子が集まります。
バームクーヘン、ドーナツ、今川焼。別に買ったわけじゃないのです。
届いたり、もらったりしていると、こんなんなりました。
甘いよぅ、甘いよぅ。と食べておりますがお茶が欲しい。
紅茶のティーパックしかないので、それで過ごした午後三時。
今川焼とストレートティーのある風景。
……バームクーヘンの日に紅茶を淹れたら良かったなぁ、と思います。

あと、こんなに脈絡のある話をしたのは久しぶりです。

  1. 2009/10/22(木) 03:37:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商店街の本屋は狭い

ストーブがすっ飛ぶ。 ikaです。


零時を越えても眠らないことに定評のある私ですが、ストーブが必要な時期になりました。
足元が寒いと何事も為せません。
世界征服を目指す者は足元を温めることから始めましょう。
ところで、マクロスFの放送が始まりました。そして、ダイバスターが最終回。
この二つの相関関係を早急に調査しなくては。
……ロボットアニメはパトレイバー以来だなぁ、グレンもギアスも挫折したからなぁ。


似非SFの物語を考えるのは好きですが、宇宙やロボットが苦手です。
だから、私のSFは偽物感が抜けないのですが、惑星不時着記みたいな話を考えました。
書こうと頑張ってみましたが、秋季試験があるのでひとまずそれは置いといて。
そして、気付けばヒーローものを書いていた。
寒空の下を歩くと、無性に何かをしたくなるのは何故でしょう。
絶対的にコレという答えはありませんが、近似解を出すとすれば……中二病?


ちっとした用事があったので、実家に戻りました。
ついでに『ライラ・ペンション』を読む。一巻で楽しいのは嬉しい。
坂田靖子さんは母の所有物です。
私が躊躇なく少女漫画を読めるのは母の所為です。
山田南平さんの『オトナになる方法』の所為で年の差カップルに違和感がなくなりました。
フルバ、ハチクロ、ホスト部、ヤマナデと書いて正確な作品名がわかる男子がどれだけいるよ?

あと、面白くて巻数少なめということで『レベルE』をお勧めされました。
面白いと噂を聞いたので、ブックオフで立ち読みした覚えがあります。
笑った記憶はあるけど、買っていないということは買わなかったのだろうなぁ。

私の中でお勧めしたい巻数少なめ。深夜なので大人向け。
『ホーリーブラウニー』:5巻。ブラックユーモアとエロ。掲載が途中で変わるので、エロは徐々になりをひそめる。
『フランケン・ふらん』:3巻。ホラーコメディ。表紙はエロいが中身はグロい。
『超空転神トランセイザー』:3巻(完結)。ギャグ。エロくもなければグロくもない。

きっと、お勧めしたことを後悔しそうなラインナップ。
もういいよ、皆して『サナギさん』を読めばいいよ。

  1. 2009/10/15(木) 00:50:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニチアサを見ていない人に優しくない日記

無限のメモリー、インフィニティ。

サイクロン!
 インフィニティ!!
(CV:立木文彦)


このネタをやりたかったというのに、頭痛と吐気が酷くて早寝。
原因は強いて言うなら、土曜の夜からニチアサまでの睡眠時間が無かったからかもしれません。
そして、ニチアサ観賞後に外出。二時間ほど本屋を徘徊。
夕方に変な体勢で睡眠(無意識)

あちゃー。


ところで、ふたつのスピカを1巻だけブックオフで立ち読み。
ライオンさんがいる方が面白いよ、明らかに原作勝ちですよ。
……全何巻でしたっけ、16巻くらい?

2,3巻くらいの巻数で面白い漫画って何でしょう。
できれば有名作家の二作目、とかではない作品がいいなぁ。




パティシエールのおかげでバトスピ人口が減った気がします。
あと、世にも奇妙な物語はすき焼きの●以外は印象薄い。

  1. 2009/10/05(月) 23:43:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本格SFの条件って何だろう。

十月は更新頻度上昇を目標に掲げる。
と、昨日書こうと思っていたikaです。この野郎。

何しろ、九月の間に筆不精になったらしいのです。
それというのも不機嫌なパソコン様と怠惰な我様のおかげです。
自らを様付けで呼称するのは思ったより気分が悪いです。
「です」で締めくくることしかできない辺りが文章の下手くそさを露呈していると思うのです。
そろそろ、「ます」も忘れずに書いてあげようと思います。

とにかく、姿を消していた創作意欲が帰還した模様。
彼に何処に行っていたのかとたずねると、宇宙と答えてくれました。
私が山で無意味な若さを振りまいていた頃、創作意欲は宇宙を遊泳していたそうな。
流石、創作意欲様!

はたして、創作意欲は宇宙から何を持ち帰ってきてくれたのか。
お土産は「似非SFだったら気楽に書けるんじゃない?」という一言。
確かにそれは私の得意とするところの妄想。
しかし、その分野は先人達が多いのですよ、創作意欲さん。

「だが、この出鱈目な私との会話とて、全世界の前例にない文章の組み合わせに違いないだろう?」

……あぁ、そう言われると創作意欲と会話する文章は珍しい。
例え、誰かが既に行っていたとしても一字一句同じである可能性は限りなくゼロだ。
そう思うと気分はロケットのように飛び立ちます。金かかるな、おい。



ここまで書いといてなんですけど。
四羽のカラスが何か意味のあることを鳴きながら、追いかけ合っていたエピソードを語るつもりでした。
鳴き声がするのに姿が見えないカエルのことを語るつもりでした。
何故、創作意欲と語ることになったでしょうね。
きっと、どちらにしろ面白い話にはなり得ない未来が予測できたからだと思いますです。

  1. 2009/10/02(金) 23:30:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

にのち

Author:にのち
ikaと名乗ることもあります。
ひたすらに消費者ですが、偶に創作衝動に襲われる。
基本的にゲーム、映画、小説、漫画の話ばかりですが……ばかりでした。

退屈なそら(本家サイト)

『ヒーローたちのヒーロー』(外部サイト)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。